土岐高山城と下街道高山宿

※この動画は、Network2010様のHPより転載させていただきました。

多治見~土岐~瑞浪~恵那市の下街道マップ(GoogleMap/Network2010様作成)

1.美濃源氏の発祥の地 土岐市

平安時代後期から鎌倉時代にかけて各地に広がった源氏、平氏の武士集団は源平の合戦を経て源頼朝は鎌倉に幕府を設けた。美濃に進出した美濃源氏は源光信が平安時代に大富館(泉)を構えた後、源光衡が一日市場館(瑞浪市)、源光行が承久の乱(1221)の頃に浅野館(肥田)を建て京都の朝廷と鎌倉幕府の双方と深い関わりを持ちながら美濃国の統治に力を注ぎ、美濃国土岐郡に基盤を持った美濃源氏は土岐氏と呼称されるようになった(吾妻鏡)。

 

土岐高山城は承久の乱の頃に土岐氏一族の高山伊賀守秀頼により創建され(小島家文書)、美濃国の中枢となった浅野、大富の居館を守備する要塞として重要な役割を果たした。室町幕府成立とともに光行の孫、源頼貞(土岐頼貞)が美濃国守護に任命され、高山氏は土岐氏と共に室町幕府に仕えた(太平記)。

 

土岐頼貞の子頼遠は居館を土岐郡大富から厚見郡(今日の岐阜市)長森に移し、その甥頼康は厚見郡川手に城を築き、美濃、尾張、伊勢三国の守護職となり、以後土岐氏は戦国時代を迎えるまで200年近く隆盛を誇った。

2.戦国時代の土岐高山城

弘治2年(1556年)末代の高山伊賀守光俊没後、武田信玄の命を受けた平井光行、平井頼母親子が高山へ兵を進め城主となった(濃州小里記)。武田勢と織田勢が対峙する中で、武田側に父光行を亡き者にされた平井頼母は織田信長の臣下となり(信長公記、前野家文書)、信長の支援を受けて高山城を強固な要塞と成し700名の兵によって武田軍の侵攻に備えた(美濃国諸旧記)。

 

天正2年(1574年)甲斐の武田信玄の嫡男武田勝頼は1万2千の兵をもって「美濃攻め」を行い、高山城においても激しい合戦が繰り広げられた(甲陽軍鑑、信長公記)。江戸時代になって犠牲者を供養するため武田信玄の4代の孫、雲峰元沖により古城山慈光院(黄檗宗)が開創され、その後真言宗の弘法様(現在の穴弘法)として人々の信仰を集めた。

 

天正8年(1580年)頼母の二女松姫は苗木遠山友政(後に初代苗木藩藩主)に嫁ぎ(苗木遠山史料館)、頼母は天正10年(1582年)に織田信長の3万の軍勢と共に高遠城を攻め落とし武田家を滅ぼした(信長公記)。しかし同年6月に発生した本能寺の変によって再び動乱の嵐に見舞われ、金山の森長可に高山城を開城することとなった(金山記)。関ヶ原の合戦の後、元和元年(1615年)一国一城令により高山城は廃城となった。

3.下街道高山宿

下街道高山宿古地図(明治5年).pdf
PDFファイル 3.1 MB

下街道高山宿は恵那槙ヶ根追分から名古屋城下を結ぶ中山道の脇街道であった。中山道よりも峠が少ないため利便性が良く、善光寺参り、御岳参り、伊勢神宮参りの人々が往来し、信州、美濃、尾張から出荷される荷物が牛馬によって輸送された。

 

高山は下街道十五里二日の行程の中間地点であったため馬継場、宿場町として栄えた。明治5年の高山村絵図に五人組十九組約百戸、宿屋が十数軒ほど記載されているので、使用人を含めて500人ほどの集落を形成していたものと思われる。

 

中山道の各宿場は下街道の通行量が増えるのを懸念して寛永元年(1624)下街道通行停止の訴えを尾張藩奉行に申し出たのを始め、慶安四年(1651)、元禄二年(1689)、寛政八年(1796)などに再三同様の訴えを起こし、その都度下街道の通行規制が行われたが、天領であった高山村の庄屋深萱惣助は江戸幕府笠松代官所に訴え高山宿の利権を守った。この結果通行量は減らず人馬の往来はより盛んになった。

 

明治になると高山村に郡役所が置かれ、下街道は今日のJR中央線、国道19号線、中央道のルートの基となった。

 

 

↑ 一読下さりありがとうございます。クリックすると、ページ先頭へ戻ります。↑

 

無料@アクセスカウンター