第7回 土岐高山城戦国合戦まつり 2018

第7回 土岐高山城戦国合戦まつり 2018

日時 平成30年10月14日(日) 9時30分~16時

場所 土岐市土岐津町 南宮神社~高山公園

 

 土岐市の高山城であることを明確にするために今回から名称を「高山城戦国合戦まつり」から「土岐高山城戦国合戦まつり」に変更します。

 

 土岐市土岐津町高山に残る高山城跡は清和天皇の臣籍として発祥した美濃源氏、土岐氏の居館を守備するため鎌倉時代に創建された城跡で、戦国時代には織田信長と武田信玄、勝頼親子との領土争いの古戦場となり激しい戦いが行われました。

  武田勝頼は天正2年に1万2千の軍勢で織田軍が守備をする高山城に攻撃を仕掛け、翌年の天正3年には長篠・設楽原の戦いで3万の織田、徳川連合軍と戦い敗退しました。古式砲術の流儀を保存継承している長篠・設楽原鉄砲隊による火縄銃の流儀の公開を通して、高山城でも使用されたと考えられる古式砲術の公開と知識の普及啓発を行います。ふるさとの歴史を学び次世代に継承するとともに、観光交流人口の増加を図り賑わいを創出することを目的に、土岐市ならびに土岐市観光協会の支援を受け「第7回土岐高山城戦国合戦まつり」を開催します。

 

ことらからチラシをダウンロードできます
A4第7回合戦まつりチラシ.pdf
PDFファイル 910.4 KB